3児のパパ。一生学び。

仕事、お金、読書、生活について

1月からのプロジェクトが終了したので振り返る

1月から始まったプロジェクトが先週無事に終わりました。今回のプロジェクトは1年に一回、展示会の作品のパネルを制作する仕事で今年で4回目。年末のプロジェクトは初めてのプロジェクトだったのでかなりバタバタしましたが、今回のプロジェクトは波が大体の予測は立てられており予想通りの忙しさとなりました。それでもメンバーが数人徹夜したり、休日出勤をしたりしましたが。

 

前回の年末のプロジェクトの記事を書いたときにプロジェクトは「時間×予算×人員」で成功する確率がぐっと変わるということを書きましたが、今回は予算、人材については4年目なのでほぼ問題なく進行することができました。1年に1回定例の仕事なので予算も早めに承認がおり、人員の確保もすんなりといきました。

 

 

 

今回問題になったのは時間です。クライアントから出力するデータを支給いただいて、印刷をするのですが、そのデータが来ない。データが来ないと印刷ができない。どんどん数が溜まって一気に支給されると、こちらもデータのチェックをしなくてはいけないので、それに時間を取られるのですが、他の用事が入ってしまうと、チェックできず現場に渡すのが遅れてしまうという悪循環でした。

 

年を追うごとに改善されていますがこれについてはまだ改善することができません。

クライアントの支給の期日を厳格にするか、社内の受け入れのキャパを増やすか来年は改善したいと思います。

 

完璧に段取りをしたプロジェクトでも終わって見れば改善点が見つかります。終わったからと放置せず、振り返りメモしてメンバーと共有化し、次の年に繋げていくのもやっていかなくてはです。

 

さて次はindesignを使用した冊子制作のプロジェクトに入ります。今回は上の「時間×予算×人員」の3つとも無いのでまたバタバタしそうです。

 

がんばりたいと思います。