3児のパパ。一生学び。

仕事、お金、読書、生活について

子供にばかうけ!動く絵本

子供に良い本があったら買おうと、会社近くのビレッジバンガードの絵本コーナーに定期的に通っています。

 

普通の本屋には売ってない変わった絵本が置いてあることもあり、足を運ぶようにしています。

 

今日は休日出勤で、子どもたちに対し申し訳なさもあり、面白い本があったら買って帰ろうと思い、ビレッジバンガードに立ち寄りました。

 

絵本コーナーに行ったらありました。面白い本が。

 その名も「サファリ しかけえほん」

サファリ (しかけえほん)

サファリ (しかけえほん)

 

3D印刷技術レンチキュラーを利用した、本を開く動きに連動して動物が動くというすてきな本です。実際に本屋で袋に入れられて置いてあったのですが、表紙のチーターがテコテコ歩いているではないですか!これはすごいと思い買って買えることにしました。

 

 

 

帰って子供に見せたら思った通り大ウケでした!

f:id:deramegane:20150419220808j:plain

全部で8種類の動物(チーター、ライオン、ゴリラ、サイ、シマウマ、ゾウ、ガゼル、キリン)が動く写真として掲載されており、子どもたちの興味を引いていました。

 

本を開く速さに連動して動物の動きの速さが変わります。普通に本を開くと明らかに動物の動きが速すぎるんですよね。例えばチーターやライオンは走っているから分かるのですが、サイやキリンは歩いているのに、すごく動きが速く、それも子どもたちの笑いを誘っていました。

 

自分も印刷営業の端くれなのでレンチキュラーでの印刷物の提案は考えたことがあり、その面白さと引き換えのコストの高さから提案しても採用されなかった過去があります。

 

実際この本も少々高めの値段でした。しかしこれだけ子供に受けることができ、満足な買い物でした。