読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3児のパパ。一生学び。

仕事、お金、読書、生活について

子供の学校の宿題をこなすための保管写真騒動

先日1番上の子供が小学校の宿題で、産まれてから小学校に入るまでの思い出を親にインタビューすること、その時の写真を集めるという宿題が出されました。


一番上の子供は小学校2年生。

子供の写真を撮るためにデジタル一眼レフカメラを買って8年が経ちましたが、「やっとこの日が来たか」と感慨深いものがありました。



早速、昔の写真を選ぼうと写真を保管しているハードディスクをMacに接続したらウンともスンとも言いません。

「大切な写真が入っているのにやべえ!」

背筋に冷たいものを感じました。なんとかしようと何度も電源をオンオフしたり、ケーブルさし直したりしましたがだめです。



いろいろやってみましたがダメで、何か無いかとパソコンの備品を入れている箱を見たら以前購入した「裸族のお立ち台」がありました。

ダメ元で外付けハードディスクを分解し、ハードディスク本体を、裸族のお立ち台に刺して、Macのディスクファーストエイドにかけたら見事ハードディスクを読みこむことが出来ました!


助かりました〜。


今回データが吸い出せたので良かったのですが、吸い出せず大切な写真が消えてしまったらと思うと、背筋が寒くなりますね。



やはり今後はバックアップについてしっかり検討していくことの重要性を認識しました。以前ミラーリングで使用していたハードディスクが二台同時に壊れてから、何と無く中途半端な感じになってしまっています。良い方法を模索している最中です。



まだ続きます。

今度こそ子供の写真を探そうと思ったら肝心な時期の子供の写真がありません。

「間違えて消してしまったのか?」

とまたもや背筋に汗を書きましたが、探したところ前に使用していたMacミニにありました。

f:id:deramegane:20160127012149j:plain


あちこちにある写真データを一つにまとめるためにハードディスクを、急遽購入しました。ここで残念だったのがハードディスクがUSB3.0対応だったのですが、自宅にあるMacは未対応。なので地道にUSB2.0にて転送。約6時間もかかってしまいました。それでも昔のただのUSBなどより全然早いですが。。


ただ苦労したかいもあり、なんとか写真を一つのハードディスクに納めることができました。子供の宿題も妻と二人で写真を選び、何とか終わらせることができました。


⚪︎写真管理で大切なこと

今回のことで、写真管理で大切なことは定期的なメンテナンスと、バックアップだと思いました。ハードディスクは消耗品なので急に壊れることがあります。

大切なデータを失わないようにていきたさなメンテナンスとバックアップの体制を作っていきたいと思います。

ただあまりに手間がかかるとバックアップ作業をしない恐れがあるので、あまり手間がかからない方法わ模索しようと思います。