3児のパパ。一生学び。

仕事、お金、読書、生活について

えとえとがっせん。子供に色々思わせる素敵な絵本

f:id:deramegane:20170205102329j:plain

 

神の獣として他の動物に対して偉そうにしている十二支達。そんな十二支を腹立たしく思うたぬきが、十二支に対し果たし状を送り、仲間達と戦いを挑む。さて果たし合いの結果はいかに?

 

 

絵本を買ったきっかけ

子供が3人いると自分の読みたい本と一緒に、子供の気持ちを揺さぶることのできる本を探しています。自分の好きな本は分かりますが子供たちは三者三様。なかなか受ける本を良いタイミングで読ませるのは難しいです。そんな中で購入したのが石黒亜矢子さんの「えとえとがっせん」。

糸井重里さんの主催するほぼ日刊イトイ新聞に「自分を作ってくれた時間」という名前で、糸井重里さんと作者の石黒亜矢子さんの対談が載っていました。そこで石黒さんの人柄や絵本や作品の制作の話を読んで、おもしろそうだし一風変わった本だなと思い購入をしました。

 

 

我が家の子供たちの読書は。。。

子供たちの中で一番本を読むのは3年生の長女。簡単な小説など読んでいたり、マンガも喜んで読んでいます。新しい本に一番最初に食いつくので一番本を買いごたえがあります。ただ当たり外れが激しいので本を選ぶときかなり気を使います。

 

次は2番目の長男。恐竜が好きでよく図書館で恐竜の図鑑を借りて読んでいます。あまり長い文章を読まず、簡単な絵本などよく読んでいます。最近は「エルマーとりゅう」等のエルマーシリーズを図書館で借りてきており自分も子供のころ読んでいたので、とても懐かしく思います。

 

末の男の子はまだ2歳なので簡単な絵本を読んでいます。最近のはやりはアンパンマンなのでアンパンマンの本を読んでいます。また昔話の絵本が好きで、妻に毎夜毎夜5冊くらい読ませて、妻を困らせています。

 

今回は小学校1年生の長男向けに「えとえとがっせん」を購入しました。

 

 

子供たちの反応はいかに!

1冊は絵本なので短いです。子供たちは読み始めて、あーだこーだ言いながら3〜4回繰り返し読みました。その中で一番多かったのは突っ込みでした。最初、十二支にたぬきが送った果たし状がご飯でくっつけて繋げてあるのですが、そこに対して「手紙にごはんついてるー!きたなーい!」と突っ込んでいました。他にもさりげないところで突っ込むところがあり子供がかなり突っこんでいました。何しろ裏表紙が既に「チューチュートレインダンス」という突っ込みが入ります。

 

f:id:deramegane:20170205102339j:plain

 

最後たぬきが変身するところではこどもは「こわーい」といって驚いていました。1冊の本でこんなに子供が反応する本はなかなかありません。

 

石黒さんの絵がとても良いです

子供たちがいろいろ感じたようですが、石黒さんの絵がとても良いです。ほのぼのしている絵はほのぼのして可愛いし、迫力のある絵はとても迫力があり下手すると怖いです。さす妖怪の絵を描いているなと感心してしまいました。最近の廉価版の絵本はアニメ絵等多く、そのような絵本の絵には力がなく読んでいても退屈です。絵本なら絵に迫力があって欲しいですね。

 

 

買ったかいのある本とは

買ったかいがある本というのは、やはり読んだ人にいろいろな思いを抱かせる本が良い本だと思います。笑いだったり、悲しみだったり、衝撃だったり、追体験をできるのが本の良さだと思います。これからも子供たちに色々思わせる本を探したいと思います。