3児のパパ。一生学び。

仕事、お金、読書、生活について

マンションでの子供の騒音問題は解決できなかったので引っ越しをしました。

子供が産まれる前から昨年末まで4階建てのマンションの最上階に住んでいました。子供が産まれてからは皆さんお悩みの方が多い、子供の生活音で下の階の人と何回かトラブルになったりしました。その都度謝ったり、下の階の人が引っ越したりして何とか過ごしていました。

子供がある程度大きくなって、話が分かるようになってきたので、このままで何とかなるかと思ったのですが、3人目の子供が産まれて歩き出すようになるとまた状況が変わりました。また騒音で下の階の人とトラブルになりしかも頻発するようになりました。昨年末に一年発起して1階部屋のマンションに引っ越しをしました。

 

 自宅でやっていた対処法

我が家でやっていた騒音対処法は、フローリングの床の上に分厚いゴムのような素材の対衝撃材を引き、その上に床マットを引くという2段階の床敷きを引くということをしていました。

2DKの部屋で一部屋は畳だったのでダイニングとフローリングの2部屋分に敷き詰めていました。ゴム素材の床敷きが思いのほか高く、一部屋敷き詰めるのに5万くらいかかりましたので、床マットを合わせると実に10万以上のお金をかけたことになります。

 

しかしそこまでお金をかけてもやはり物を落としたり、子供があばれたりする衝撃音は消すことができませんでした。普通に生活する音はかなり軽減されていたのですが。。

 

 

引っ越しすことにした理由

10年以上住んでいたマンションでかなり愛着もあったのですが、引っ越すことにしました。一番はやはり下の方に迷惑がかかるのが申し訳なかったことが上げられます。

次に妻のストレスです。自分は夜遅くに帰ってくるため、下の人からの苦情は全て妻が応対していました。それで妻がかなりストレスを溜めてしまい、気の毒になってしまいました。

 

また子供が暴れていたり、物を落としたりすると「しずかにしなさい!」とおこらなければなりません。悪ふざけした結果怒られるのはまだしも、子供が故意にではなく物を落としてしまってひどい音を立てた時怒ったことがありましたが、怒られた子供が不憫でなりませんでした。本当にかわいそうでした。

 

子供の騒音の件をマンションを販売している知人に相談してみたところ、まず騒音が響かないマンションは無いとの解答でした。床を完全防音にしたらコストが上がって、お客が購入できる金額のマンションにならないというのが理由らしいです。

もし騒音の響かないマンションがあったら引っ越しても良いなと思ったのですが、難しいみたいでした。

 

1階に引っ越してみて。不満はありますが結果的には良かったなー

そんなこともあり1階の部屋への引っ越しを決意しました。そんなにいうなら一戸建てがいいんじゃない?との意見もありましたが、自分の収入等かんがみて、マイホームはなしと判断しました。

 

実際に1階に引っ越してみたのですが、やはり最上階に比べて日当りも悪く、妻が洗濯が乾きにくいと言っていました。

子供はすこし暴れても怒られなくなったので、のびのびと過ごしています。度が過ぎれば注意しますが、子供だったら少しやんちゃなくらいがやはり良いと思いました。

 

マンションにおける子供の騒音問題は、結局のところ根本的な解決策は無いことが分かりました。本当は一戸建てを購入できるような稼ぎがあれば良かったのですが。。

今回は家族構成に応じてライフスタイルを柔軟に変えれるように備えておくことが重要だと学びました。