3児のパパ。一生学び。

仕事、お金、読書、生活について

歯医者で自分のダメさ加減を再確認できました

昨年の9月から今年の1月まで歯医者に通っていました。歯医者に通うのは実に約10年ぶりでした。ずうっと放置をしてた親知らずと虫歯がどうなっているのか気になったためです。妻も通っている近所の歯医者を紹介してもらい、通うことにしました。

 

まずは現状の歯の状態を把握

まずは現状の歯の状態を診てもらいました。歯を目視で見てもらい、レントゲンを撮影した後に先生の話を聞いたのですが、席の前にモニタがあり、そこでレントゲンの映像を確認しながら先生の話を聞くことができることに驚きました。

歯の状態ですが、親知らずは4本ありうち3本が外に頭を出している状態でした。虫歯になりかけているのですが、痛みはないということでとりあえず様子見になりました。それより良くないのが歯茎の状態でした。

 

長年溜まった汚れが歯茎の中に溜まってしまい、歯茎が腫れて歯周病になってしまいすぐに血がでる状態になってしまっていました。そこで歯の掃除を6回に分けてやっていくこととなりました。

 

歯の掃除はとても痛いものでした

歯の掃除は計6回。どうやって掃除するかというと、表に出ている分は水圧で除去していくのですが、歯茎の中はなんと、金属の棒のようなものでガリガリ汚れを削り取る方法でした。それが痛いのなんのって。歯茎を直に触って削るのですからめちゃくちゃ痛い。治療が6回に分かれている理由がわかったような気がしました。治療に時間がかかるけど、一気にやると痛みで精神がもたないと思います。

 

忙しくなって少し間があいた途端に逆も戻り。。

4回目の治療を行ったあとに仕事が忙しくなってしまい、1ヶ月程度時間があいてしまいました。その後続きの治療に行ったのですが、先生に一言、「でらさん歯磨きさぼってたでしょう!」と言われました。いやさっぼってはなかったけど、少し時間が無いときとかおざなりになったというか。

 

先生からすれば一発で分かるそうです。自分のダメさ加減が再確認できましたね。結局治療を継続しつつ、また汚れた所を掃除してしもらい何とか治療を終わらせることができました

 

7月まで維持していこう

治療が終わり、6ヶ月単位で診ていきましょうということで、次は7月に診察に行くことになりました。今時の歯医者のハイテクさに驚いたり、治療の痛さに慄いたり、とても良い経験になりました。なにより気軽に行けるとわかったのが大きい収穫でした。また7月に行った際に、先生に「はみがきさぼってましたね」と言われないよう、歯磨きをこころがけたいと思います。